開放感のある等々力緑地

こんんちは、谷尾和昭です。今回はのびのびと開放感を感じられる「等々力緑地」をご紹介します。

広々とした公園で、のびのびと開放感を味わいたい、そんな時にぜひ訪れてほしい公園が「等々力緑地」です。川崎市民の憩いの場である等々力緑地には、1日中のびのびと過ごすことができる充実した施設が揃っています。
開放感のある等々力緑地の気軽な楽しみ方をご紹介しましょう。

等々力緑地の基本情報

「緑地」という名称ですが、等々力緑地は多数の運動施設、遊具、釣り池、博物館などが揃った都市公園を指します。神奈川県川崎市中原区にある等々力緑地は、Jリーグ・川崎フロンターレのホームスタジアム「等々力陸上競技場」の所在地としても知られています。その他、高校野球や大学野球の公式戦で使用される「等々力球場」や、各種スポーツの国際試合の会場にもなった「とどろきアリーナ」、テニスコートやプールなどの運動施設が揃っていることも特徴的です。

また、自然とのふれあいを楽しめる四季園、釣り池、ふるさとの森などの施設も充実しています。子ども達に人気の大きな遊具もあり、広い等々力緑地内の3エリアに遊具が設置されています。正面広場の右手「子供の広場」、左手「催し物広場」、公園の奥「ふるさとの森」の3エリアに配置された遊具には、それぞれに特色があり大いに楽しめるでしょう。

等々力緑地の特色・魅力

等々力緑地の特色・魅力を見ていきましょう。

遊具で遊ぶ

3エリアに点在する遊具の特色を見ていきましょう。「子どもの広場」には、フロンターレ川崎のチームカラーである青で塗装された大きな複合遊具が目を引きます。チームのロゴも配された複合遊具には、くねくねとした青い滑り台もあり子ども達に人気です。

様々なイベントが開催される「催し物広場」の片隅には、横に長く連続した楽しい遊具が設置されています。スタートからゴールまで様々な形の遊具が連なり、ゴール地点には3レーンの滑り台が待っています。この他に、フィットネス用の遊具も設置され、大人も子供も楽しめる遊具の構成が特徴です。緑に囲まれた「ふるさとの森」には遊具が点在しています。アスレチック感覚で、全ての遊具を制覇するのも楽しいでしょう。

四季園でアート鑑賞

元々は私邸だった庭園を買収した四季園エリアは、緑の豊かさと静かな環境が魅力となっています。四季園内にはベンチや屋根のある休憩場所もあり、自然の中をのんびりと散歩をしたい人におすすめです。四季折々の花や木々に癒されたい人は、四季園を訪れてみてください。そして四季園には、たくさんの野外彫刻も展示されています。
アートに触れながら、のんびりと散歩をすれば心も体も開放される感覚を味わえるでしょう。

等々力緑地には、のびのびと過ごしたい人にぴったりの様々な施設が揃っています。お出かけ先に迷ったら、開放感のある等々力緑地を訪れてみてください。

アクセス

・所在地:神奈川県川崎市中原区等々力1-1

JR南武線、東急東横線及び東急目黒線「武蔵小杉駅」から市営バス「溝03、04、05、杉40」系統(1番のりば)または東急バス「溝02」系統(2番のりば)で「市営等々力グランド入口」または「市営等々力グランド前」下車

※駐車場あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です