山下公園~由緒ある港待ちの公園~

こんにちは、谷尾和昭です。今回は観光都市である横浜市を代表する公園「山下公園」をご紹介します。

昭和5年3月に開園した山下公園は、観光客のみならず地域住民の憩いの場としても抜群の知名度を保持しています。国の重要文化財として指定されている日本郵船氷川丸が係留されているほか、近隣には横浜マリンタワーや横浜中華街があり、地下鉄みなとみらい線の元町・中華街駅、あるいは日本大通り駅から徒歩約4分とアクセスも良好です。

海沿いにほぼ一直線に向かって整備されていることが山下公園における最大の特徴となっており、港を行き交う大型の旅客船を見渡すことが出来るほか、みなとみらい21方面を一望することも可能で、昼間は海沿いをランニングする人やベンチに腰掛けて読書を行う人、夜間には美しい夜景を求める家族連れやカップルの姿で賑わいを見せています。

山下公園には様々な施設が備えられています。童謡「かもめの水兵さん」の楽譜と歌詞が刻まれた記念碑や、同じく動揺の「赤い靴」をモデルとした「赤い靴はいてた女の子像」が設置されているほか、実在する人物をモデルとして、昭和37年に建てられた「日米ガールスカウト友好の像」も健在です。

噴水に取り囲まれた「水の守護神」はアメリカのサンディエゴ市から寄贈された物であり、昭和32年に横浜市とサンディエゴ市が姉妹都市として提携を結んだ際に記念として設置され、特に夏場にはこの付近で涼を取り、横浜発祥と言われるアイスクリームを味わう方の姿も目立っています。山下公園の最西端に位置するインド水塔は、関東大震災の折に被災した在日インド人を救済した横浜市民への感謝を示す象徴として寄贈された現役の給水所であり、横浜市認定歴史的建造物に指定されています。

水の守護神像の周辺にある中央広場には大きな花壇が設置されており、四季折々の美しい花の姿に触れることが出来ます。特に平成28年にリニューアルオープンした「未来のバラ園」は圧巻であり、約190種・2,650株のバラを360度見渡すことが出来ます。このバラ園は「家庭でも気軽にバラを楽しんでもらいたい」というコンセプトのもと、お手本となるべく病虫害に強いバラだけが採用されています。

季節によって様々なイベント会場としても山下公園が利用されており、近年では横浜ドラゴンボートレースの会場としてもお馴染みとなっているほか、夏場には花火とグルメの両方を楽しめる横濱スパークリングトワイライト、10月には世界各国の文化を展示するワールドフェスタ・ヨコハマが催されています。

アクセス

所在地:神奈川県横浜市中区山下町279

■電車の場合

みなとみらい線 元町・中華街駅出口「4」徒歩3分
JR関内駅南口 徒歩20分
JR石川町駅中華街口 徒歩15分

■バスの場合

JR桜木町駅前より、本牧車庫行他 「8、11、58、148系統」は
「中華街入口」で下車 徒歩3分
「26系統」は「山下公園前」で下車 徒歩すぐ
いずれもバス乗車時間7分程度

※駐車場:有料 222台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です